投資のための企業分析をするブログ

投資ははもちろん就活にも必須の企業分析をしていくブログ

スポンサードリンク

エフピコ(7947)株価は今後どうなる?企業分析してみました

エフピコ(7947)株価情報
いろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

エフピコの株価
aeed02d7.png


株価:6,610円
PER:27.60倍
PBR:2.44倍
時価総額:2927.19億円
 
2019/10/18のデータ 
 
エフピコの事業内容
株式会社エフピコは、広島県福山市に本社を置く食品容器の製造・販売等の会社。

 

主な商品はスーパーマーケット、食料品店などで使用されるトレーの製造・販売を専業とするメーカー。トレーのリサイクルも行っており、自社で販売したトレーを回収し、再び「エコトレー」として販売を行っている。

 

食品トレーのシェア30%
国内の簡易食品容器市場における容器メーカーの数は、約100社。その中で、エフピコは30%近いシェアを占めています。つまり食品トレーの分野ではシェアNo.1となります。

【スポンサーリンク】

 


株価の推移
10年チャート
86dfdf11.png


2年チャート
54708b9e.png


 

主要取引先
三井物産(株)
積水化成品工業(株)
DIC(株)
豊田通商(株)
イオン(株)
(株)高速
丸紅プラックス(株)
日本ポリプロ(株)
静岡産業社(株)
ヨネヤマ光陽商事(株)
共栄産業(株)

 

売り上げ予想
2016年:1702.92億円
2017年:1728.58億円
2018年:1735.80億円
2019年:1811.71億円
2020年:1860,00億円(会社予想)

 

業績を確実に伸ばしており、特に2018年度の伸びが大きくなっています。
このまま堅調に業績を伸ばし、2020年予想も着実に積み上げる形となりそうです。

 

まとめ
現状株価は過小評価気味か?堅調に業績を伸ばしている一方で、現在株価は下降気味であります。

プラスチックの食品トレーの分野ではシェアNo.1ということもあり、今後も株価が乱高下することは考えづらく、日経平均等がが大きく動くまでは横ばいで推移するでしょう。

 

 

現状最大株価よりもやや安い値がついています。すぐに上がることは考えづらいですが、嫁入り道具として長期的に持つには期待ができるのではないでしょうか。 

2019/10/18のデータとなります

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

スポンサードリンク