投資のための企業分析をするブログ

投資ははもちろん就活にも必須の企業分析をしていくブログ

スポンサードリンク

キーエンス(6861)株価は今後どうなる?企業分析してみました

キーエンス(6861)株価情報
download

いろいろ指数などチェックしていきましょう。

キーエンスの株価

7c087977.png


株価:66,280円
PER:35.54倍
PBR:4.96倍
時価総額:8.06兆円
配当利回り:0.3%

2019/10/24のデータ 

キーエンスの事業内容
株式会社キーエンスは、大阪府大阪市東淀川区東中島に本社を置く、自動制御機器、計測機器、情報機器、光学顕微鏡・電子顕微鏡などの開発および製造販売を行う企業。自動車、半導体、電子・電気機器、通信、機械、化学、薬品、食品など、製造業のあらゆる分野において取引があります。

製造業の営業利益率の平均を大きく超え50%台という驚異的な数字を叩き出し、現在社員の平均年収がもっとも高い企業ということでも有名。キーエンスの強みは製造業などの自動化に関する技術。労働力不足が今後も心配される中、また効率化という観点からも自動化・省人化技術は成長の余地があり、今後も期待されるBtoB企業の一つ。

女性役員比率
役員12人中女性0人

主要株主
ティティ
本トラスティサービス信託銀行
滝崎武光
日本マスタートラスト信託銀行
JPMORGANCHASEBANK

社是
「最小の資本と人で最大の付加価値をあげる」
最小限の経営資源でアウトプットを最大化するということが、キーエンスの考える経営の原点。そのため、世の中にないものを「商品開発」し、圧倒的な「コンサルティングセールス」で、できる限りの付加価値を提供するということを常に意識しています。

【スポンサーリンク】


株価の推移
10年チャート
e2f5eded.png


2年チャート
e50e30ee.png



売り上げ
2016年:3793億円
2017年:4127億円
2018年:5268億円
2019年:5871億円


営業利益
2016年:2,013億円(53.1%)
2017年:2,189億円(53.0%)
2018年:2,929億円(55.6%)
2019年:3,179億円(54.1%)
2018年度末も増収増益となり、売上高・営業利益ともに過去最高を更新となりました。これは販売体制の強化や新商品の売上が貢献し国内・海外ともに好調に推移したことによります。営業利益率は前期比1.5ポイント減の54.1%となりましたが非常に高い利益率を維持しています。


まとめ
現状株価は若干の割安感があるようです。ただし乱高下しているので短期的に見るのは難しいかもしれません。とはいえ、日本屈指の高利益率かつ高時価総額の企業でもあり、3月末時点で好材料がでれば、さらに上昇することは大いに考えられます。
安定した収益率を頼りに、嫁入り道具として長く持つというのは今後もありではないでしょうか。
 
2019/10/24のデータとなります 

【スポンサーリンク】


スポンサードリンク